北朝鮮内の文化は、もはや大学生をはじめとるする若者がリードしている。彼らは、貿易や密輸を通じて流入する韓流ドラマなどのファッションにも敏感だ。デイリーNKは、中朝を往来する商人を通じて「最新北朝鮮若者トレンド」について探ってみた。

「パーカーが人気あるね。南朝鮮(韓国)のドラマを見て、ほしがるようだ」

こう言うのは、平壌で商売をする華僑のAさんだ。

「市場では、中国人民元で200元(100中国元=4万ウォン)ぐらいと高価だが、それでも人気があり品薄で困ってるほどだ」とのことだ。

しかし、英語のロゴが入っていたり、韓国のタグが着いていると取り締まりの対象になるために、販売できない。また「暑いせいか、ノー・スリーブやショーツも人気がある。明るい色が好まれる。新品は、15,000ウォンぐらいでで、中古は3,000ウォンぐらい」と伝えた。

女性の間では、夏を前にしてワンピースなどが流行しているようだ。ワンピースは、おおよそ70,000ウォン程度で売られる。

「若い女性の間では踵が高い靴が人気だね。値段は、25,000ウォンから30,000ウォンぐらいかな。スキニー・ジーンズも相変わらず人気があるけど、7部丈のズボンも人気だよ」

一方、北朝鮮当局は『女性同盟(朝鮮民主女性同盟)監視隊』を通じて「ミニ・スカート=膝上丈のスカート」など女性の身なりに対して取り締まりを行っている。

「スカートやズボンは膝下までの長さじゃないと取り締まりの対象になる。女性同盟監視隊は、町中で短い丈の服を着る女性達を取り締まっているよ。ノー・スリーブとか、売られているのに、取り締まりのおかげで着られない。しょうがないから家で着ている」とAさんは伝えた。

かつては、アクセサリーも規制されていたが、最近では緩くなっているようだ。

「アクセサリー、イヤリングや腕輪なんかもよく見るよ。腕輪、時計、指輪、ヘアピンなんかは『可愛いから』とむしろ着用をすすめているみたいだ」

とはいえ、韓国製商品に対する取り締まりは相変らず厳しく、検閲に引っかかればその場で商品は回収されてしまう。

「捜索員は、市場でタグなどを一つ一つチェックするほどで、検閲は以前よりも厳しくなっている」

Aさんは、最後に人気がある韓流ドラマについて伝えてくれた。

「韓流ドラマや韓流映画が録画されているDVDなどの取り締まりは、特に強化されたね。でも、大学生や若者は、こっそりと保有して裏で売っているよ。1枚あたり5,000ウォン(通常は1,300ウォンぐらいで取り引きされている)と高いけど、最近では『アイリス』『宝石ビビンパ』『チュノ〜推奴〜』『ゲームの女王』『笑ってお母さん』なんかが人気だね」