人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の外務省は19日に声明を発表し、マレーシアとの外交関係を完全に断絶すると宣言した。朝鮮中央通信が伝えた。

マレーシアは一昨年、米政府の要請を受けて、同国在住の北朝鮮国籍の実業家であるムン・チョルミョン被告をマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして拘束していた。マレーシア当局によると、ムン被告の身柄は17日に、米側に引き渡された。

こうした動きに対し、北朝鮮外務省は声明で、「今回の事件は、わが朝鮮を孤立、圧殺しようとする米国の極悪非道な敵視策動とマレーシア当局の親米屈辱がもたらした反朝鮮陰謀・結託の直接的所産である」と指摘。

また、ムン被告はマネーロンダリングに関与していないと主張しながら、「マレーシア当局が米国の不当な圧力に盲信盲従したあげく、公認されている国際法も無視してわが公民を米国の敵視策動のいけにえに供したのは、天人共に激怒する悪行であり、許されない大犯罪である」と非難した。

続けて「マレーシア当局の今回の行為は、わが国家の自主権と生存権、発展権を侵奪しようとする米国の反朝鮮敵視策動への露骨な便乗であり、直接的な加担となる」と強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そのうえで、「朝鮮民主主義人民共和国外務省は米国の強迫に屈服してわが国家に反対する特大型敵対行為を働いたマレーシアとの外交関係を完全に断絶するということを宣言する」と明らかにした。

    関連記事