人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の首都・平壌で今月5日から12日まで開催された朝鮮労働党第8回大会で、金正恩党委員長が、総書記のポストに就任した。従来、祖父・金日成主席を「永遠の国家主席」、父・金正日総書記を「永遠の総書記」とし、いずれの肩書も「永久欠番」扱いとなっていた。

その意図を巡っては様々な分析がなされているが、制裁、災害、コロナの三重苦で疲弊しきった北朝鮮国民の関心は、指導者の肩書などよりも生活向上にある。それにもかかわらず、党大会では経済改善に向けた明確な対策が示されず、旧態依然としたスローガンを繰り返すばかりだったことに、各地から不満と失望の声が噴出している。

(参考記事:「民族史上、最も特筆すべき業績」党大会決定書、金正恩氏を称賛

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、住民が、党大会の報道を見て、核とミサイル問題に重点が置かれたことにため息をつき、人民(民生)経済の向上に明確な案が示されなかったことに、もどかしさを感じていると伝えた。

金正恩総書記は5年前の前回大会から「人民生活向上の土台作り」を強調し、国家経済発展5カ年戦略を設定していたが、「掲げた目標をほとんどすべての部門で大きく下回った」とし、経済政策の失敗を認めた。しかし今回も具体的な改善策は示さず、「解決策として自力更生というお話にもならない代案を提示した」(情報筋)ことが失望につながっているようだ。

(参考記事:経済失敗「欠陥と原因を深刻に分析」…北朝鮮党大会

「1980〜1990年代(に頻繁に叫ばれていたスローガン)の自力更生を再び持ち出してきたことを見ると、今年も政府ができることはなにもないということではないか」(情報筋)

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、金正恩氏が核兵器の高度化、米国敵対視を繰り返していることに対して情報筋は、「今までの対米、対南(韓国)政策の失敗をまた軍事力強化で隠そうとしている」と手厳しい。

(参考記事:【総括】朝鮮労働党大会…「核の堂々巡り」に陥った金正恩

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の情報筋が伝えた北朝鮮国民の声も、不満と失望に溢れている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は「党大会に経済問題と関連した画期的な対策が出されることにわずかな希望をかけていた」が、またもや自力更生ばかり強調されたことに不満が広がっていると伝えた。

党大会に向けて昨年末行われた成果拡大運動「80日戦闘」の期間中に、幹部たちは党大会で画期的な経済対策が示されると宣伝し続けてきたとのことだが、それが裏切られたことに対する不満は相当なもののようだ。

「自力更生という言葉は『苦難の行軍』の後から今に至るまで耳にタコができるほど聞かされ、飽き飽きしている。当局の言うとおりに、人民は切り詰めた生活を送り自力更生のために頑張ったのに、何一つ解決されず、むしろ暮らしは徐々に苦しくなっている」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「結果的に(経済政策が示されるという)思想教養は、いかにして住民を働かせて80日戦闘のノルマを達成して責任逃れを図ろうかという、幹部連中のペテンに過ぎなかった」
(情報筋)

一方、両江道の情報筋は、核兵器の高度化について、住民は冷淡な反応を示していると伝えた。

「そんな武器を作っても、空からコメが降ってくるわけでもないのに、そんなことに使う予算を経済発展や人民経済に回せば、暮らしが少しよくなるはずだと、当局を非難している。また1990年代の『苦難の行軍』の頃から、『強盛大国』の建設が完成すれば人民経済の回復に全力を尽くし、人民が安心して暮らせるようにすると約束し続けてきたが、25年が過ぎた今に至るまで、口を開けば出てくる言葉は『自力更生』ばかり。人民から搾り取るだけだ。当局のウソの宣伝に騙されてきた人民の鬱憤が爆発しそうだ」(情報筋)

    関連記事