人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)常任委員会第14期第11回総会が4日、平壌の万寿台(マンスデ)議事堂で行われ、タバコの生産および販売、喫煙に規制を強化する禁煙法などが採択された。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、喫煙法では「政治・思想教育の場所、劇場、映画館のような公共の場、幼児の保育・教育機関、教育機関、医療保健施設、商業、給養・便益サービス施設、公共運輸手段をはじめ、禁煙の場所と単位が制定され、喫煙秩序に違反した行為に対する当該の処罰内容などが明らかになっている」という。

北朝鮮は2005年に禁煙統制法を定め、公共の場での喫煙規制を強化したが、金正恩党委員長は視察先の学校や工場で所かまわずタバコを吸い、率先してルールを破ってきた。今後、金正恩氏がそうした行為を控えるかどうかは未知数だが、北朝鮮メディアは同氏がタバコを吸う写真を公開しなくなるかもしれない。

(参考記事:【写真】金正恩氏、学校視察の現場でも「タバコ」を離さず

この日の委員会ではまた、国営企業の運営に関する企業所法が改正され、「企業所を省力型、省エネ型、コスト節約型、敷地節約型に転換させ、従業員が節約精神を体質化した愛国的な勤労者になるようにすることに関する内容が新しく明示された」という。

    関連記事