北朝鮮で頻繁に発生した中国産の医薬品の副作用の被害に対して、北朝鮮政府が該当する品目の販売禁止令を出し、南朝鮮の安全企画部の工作説などで対処していることが分かった。.

北朝鮮の内部消息筋は”中国から入って来る味付け(調味料)に虫がわいて、シャンチャンという中国産のソーセージを食べて食中毒にかかる事故が多くて、政府で年例行事のようにこうした商品を販売することができないように指示を下す”と言い、”病人が数人出たら、防疫所からやって来て騒々しい”と伝えた。

この消息筋は”中国の医薬品は北朝鮮の人々も、もうあまり信じない。飲んでもあまり快復しないからだが、最近は薬を飲んで、むしろ病気がもっとひどくなった人までいる”と語った。

北朝鮮では、中国産の医薬品による人命事故がよくおきる。北朝鮮に中国産の医薬品が最初に輸入されたのは、80年代に中朝国境地域で風呂敷き包み商売が活発になってからだ。

かつて、中国産の不良医薬品は効果がないことが問題だった。しかし、90年代半ばからは、風邪薬による人命事故が続出した。中国産の風邪薬(解熱剤)を飲んだ後、住民が穿孔のために死ぬ事故が、北朝鮮の多くの地域で同時多発的に発生した。

対北支援団体である‘良い友’も最近の消息誌で、“新義州の市場で密かに流通している中国の薬を服用して、死亡する事件が相次いで発生した”と言い、“5日に24歳の男性の大学生が頭痛を訴え、市場で中国産の薬を買って飲んだ後、間もなく死亡した”と伝えた。

消息筋は”こうしたことが発生したら、上(政府)は南朝鮮の安全企画部(現在の国情院)が、中国の人たちにお金を払って、商品や医薬品に薬を混ぜるようにそそのかしていると住民たちに言う”と伝え、”安全企画部が北朝鮮の人も病気にしたり、死なせようと企んでいると言ったら、住民もこうした説明を信じることが多い”と話した。

中国から北朝鮮に輸入される食料品や医薬品は、多くが値段が安いため、安価な原料や人体に有害な原料が使われている可能性がある。また、流通の過程での非衛生的な管理も、疾病発生の原因になるようだ。

80年代を前後して、北朝鮮に一番最初に輸入された中国産の薬品は‘ノクテ’という健康食品だった。‘ノクテ’は鹿の胎盤から抽出した成分を加工して作ったもので、初めて北朝鮮に入って来た時、北朝鮮の住民の間で人気が高かった。

その後、中国産の薬品が大挙北朝鮮に流入した。だが、この時からこうした薬品の人気上昇とともに、低質な薬品の搬入も増加した。

北朝鮮政府は不良医薬品事故がおこる毎に、’韓国の安全企画部の奴らが工作をして、住民を動揺させて、共和国を転覆するために中国産の薬に毒薬を入れた’と宣伝してきた。最近では、中国産の下着に害虫を入れて人民を苦しめているという宣伝までしているという。

丹東で北朝鮮と貿易をしている業者は、”商品に欠点があるといって、安全企画部の工作だと言う嘘に、まだだまされているというのが理解できない”と述べ、”最近、商売をする人の多くは、品物を安く仕入れて売るので、低品質の商品が入って行って、被害が発生するという事実は知っている”と答えた。

    関連記事