人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は7日に談話を発表し、「米国と対座する考えはない」として、一部で取りざたされている米大統領選前の首脳会談の可能性を改めて否定した。朝鮮中央通信が伝えた。

この時期の首脳会談の可能性については、崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官が4日付の談話ですでに否定していた。

クォン氏の談話は、7日から米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)が韓国を訪問する予定であることを受け、「今も南側の近所からは朝米首脳会談を仲裁するための自分らの努力には変わりがないという途方もない声が引き続き出ている」として、米朝を仲裁しようとの姿勢を見せる韓国にクギを刺す内容。

クォン氏はまた、韓国が仲裁に乗り出そうとすれば「北南関係だけがよりいっそう悪くなるだけ」としながら、「見るのも気の毒だが、『仲裁者』になろうとする未練がそんなにも強烈で、最後まで努力してみるのが本当に願いなら、やってみろということである」などと述べた。

    関連記事