人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮は、建国の準備段階において男女平等に関する法令を制定、女性に対する教育を強化した。その後も、失敗に終わったものの「ごはん工場」に代表される施策に取り組み、家事労働からの解放を進めるなど、ジェンダー平等において非常に先進的と評価できる政策を打ち出している。

しかし、人々の意識も社会の認識も不平等なままで残され続けた。それが、結婚せずに子どもを生んだシングルマザーを苦しめている実態を、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

平安南道(ピョンアンナムド)の情報筋によると、先月25日に道内の各地域の病院で、生後1年以内の乳児と5年以内の幼児を対象に、ポリオ(小児麻痺)と結核の予防接種が行われた。

これは、ユニセフ(国際連合児童基金)からの支援によるものだ。ユニセフは2016年6月の報告書で、北朝鮮は3年以上ポリオが発生していないとして、ポリオ根絶国としつつも、予防事業は続けている。

北朝鮮の人々は、ユニセフのおかげで子どもたちが病気のリスクから脱することができたと認識し、予防接種のことを「国連注射」と呼んでいる。予防接種の知らせがあれば、母子が病院に殺到する。予防接種率は99%に達する。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

一方、親が婚姻届を出さないままに生まれた子どもたちは、昨年に続いて今年も予防接種の対象から除外された。出生届が出されていないとの理由からだ。実は、婚姻届を出していない場合、出生届も受理してもらえないのだ。

「結婚届を出していない新生児は、親の身分が不確かなので、出生届が法的に認められない」(平安北道<ピョンアンブクト>の情報筋)

同国の公民登録法9条では、出生後15日以内の出生届を出すことを義務付けている。一方で、家族法11条は、婚姻届を出してこそ国の保護が受けられ、届けを出していなければ「夫婦生活ができない」としている。これが出生届拒否の法的根拠なのだろう。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

保健当局は、この出生届を元に予防接種対象者のリストを作成、病院はそれを元に予防接種を行う。WHOは、子ども向けの栄養剤も援助しているが、親が病院の医師に頼み込んでも分けてもらえないという。リストに基づいた分だけしかないので、どうしても欲しければ異議を唱えろと言うだけだという。

婚姻届を出さないケースが生じる理由は詳らかでないが、性上納や不倫の関係が考えられる。また、男性が地位を利用して女性に性的暴行を働く事例が後を絶たないが、どういうわけか女性の落ち度とされる。

(参考記事:北朝鮮軍を蝕む女性兵士への「マダラス」と呼ばれる性上納強要

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

特に青年同盟は、婚姻届を出していない女性を「思想的に腐敗、堕落した女性」と決めつける。子どもは女性の親が育てたりするが、町内に噂が広がれば、「道徳的に堕落した一家」と批判されてしまう。

こうした偏見から逃れるために、結局は子どもを棄ててしまう事例も続出しているが、責められるのは偏見を持つ国や社会、男性ではなく、子どもを生んだ女性だけだ。

(参考記事:「暴力は離婚理由にならない」北朝鮮の司法が生み出す「捨て子」増大

    関連記事