人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮は今、「農村支援戦闘」の真っ只中にいる。これは、都市住民を近郊の協同農場に動員し、田植えを手伝わせるもので、秋の収穫の際にも行われる。

国営メディアは「皆が田植え戦闘に」とスローガンを叫び、雰囲気をもり立てようとするが、市民の間では不満が渦巻いている。この期間中、「農村支援戦闘の妨げになる」との理由で、市場の営業時間が短縮されるからだ。

(参考記事:「コメで革命を守ろう!」北朝鮮紙、田植え戦闘をアピール

場所や時期によって営業時間は異なるようだが、市場は概ね5時間から10時間程度、営業する。これが農村支援の期間中には、3時間程度に減らされる。それに加え、今年は新型コロナウイルスの拡散防止のため、市場の運営はいっそう難しくなっている。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の両江道(リャンガンド)の情報筋によると、今月15日から道内の市場が一斉に閉鎖された。また、市場周辺で無許可で営業する露天商の営業も禁止となり、取り締まりが行われている。その名目は「新型コロナウイルスの感染防止」だ。

恵山(ヘサン)市内の恵山市場、渭淵(ウィヨン)市場、蓮峯(リョンボン)市場は毎日午後3時から6時までの営業が認められていたが、それらがすべて閉鎖された。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

市民の多くは市場での商売で生計を立てていることから、今回の市場営業禁止に困惑し、当局への怨嗟の声が渦巻いている。

市民は、閉鎖された市場の周辺の路上に陣取り、商売を始めたが、少し集まれば取り締まり班に追い散らされ、またやって来て、しばらく後に追い散らされるという繰り返しになっている。また、取り締まりに来た保安員(警察官)に食って掛かり、大声で叫び、激しくもみ合うなどの抗議行動も頻発しているという。

14日には、取り締まりに抗議した商人に保安員が武器を突きつけ、それを見た商人が集団で抗議するなどの騒ぎも起きた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

市民の怒りに直面した当局は、市場閉鎖の方針を撤回せざるを得なくなった。

恵山で商売をしているある住民はRFAの取材に対し、21日から消毒作業のために一時閉鎖されていた恵山市場が2日ぶりに営業を再開したと述べたが、営業再開の本当の理由は、悪化する一方の世論をなだめるための窮余の策だとのことだ。

「食べるものがなくなり怒った住民は、もはやいかなる権力機関も恐れないと言って、民生を放置する当局を露骨に非難している」(前述の市民)

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

前述のような小競り合いも、ちょっとしたきっかけで暴動になりかねない。地方政府の幹部はそれを恐れているのだろう。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋も、新義州(シニジュ)など各地域の市場が午後3時から営業を行っていると伝えた。午後6時に店を閉めることになっているが、市場管理所長の権限で営業時間の延長を認めている。

市場管理所は商人から市場使用料を受け取る立場だが、午後6時に店を閉めさせれば、商人たちの儲けが少ないため、払ってもらえないのだという。

本来は午前からの営業だが、農村支援戦闘で午前は皆田植え戦闘を行い、午後3時からの営業となっている。商人たちは「営業時間が短くなった分、市場使用税を割り引くべきではないか」と支払いを拒否しているとのことだ。

    関連記事