人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民武力省代弁人 南朝鮮軍部の無謀な軍事的挑発行為を糾弾

【平壌5月8日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国人民武力省のスポークスマンは7日、次のような談話を発表した。

6日、南朝鮮軍部は空軍の空中戦闘司令部所属F15K、KF16、F4E、FA50戦闘機の20余機と海軍第2艦隊所属高速艇などを朝鮮西海のホットスポットに駆り出して合同軍事演習を行った。

南の軍部好戦狂らが恣行(しこう)したこのような妄動行為は、折に触れてわれわれに朝鮮半島の緊張緩和の努力に役立たないと中断だの、強い遺憾だのと自動応答器のような言葉だけを繰り返していた自分の宗主も今やこれ以上口実を探せないようにする軍事的対決の極みである。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

全てが2018年北南首脳会談以前の原点に戻っている。

今回の合同演習は、かつて北南双方間に軍事的衝突が発生した朝鮮西海の最大ホットスポットの空中と海上で強行されたし、われわれのいわゆる「異常兆候」と「挑発」を想定した状態で公然と恣行された。

特に重大なのは、南朝鮮軍部がわれわれを「敵」と指してこのような軍事演習を行ったという事実である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これは、絶対に看過できない重大な挑発であり、必ずわれわれが必要な反応をしなければならない状況である。

どこにも弁解することができない故意的な対決追求だと言わざるを得ない。

南朝鮮軍部は、今回の合同演習の目的が北の火力および奇襲「挑発」に対する対応能力を向上させ、「敵」の「挑発」原点を打撃し、支援勢力を撃退するところにあるということを隠さなかった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

南朝鮮軍部の無謀な軍事的挑発行為は、地上と海上、空中で相手方に対する一切の敵対行為を禁止し、特に西海一帯を平和水域につくるということについて全民族に確約した北南軍事合意に対する全面逆行であり、露骨な背信行為である。

敵はやはり敵であるという事実を忘れてはならないということを再度悟るようにし、骨髄に深く刻みつけさせる機会となった。

敵がわれわれを討つと公然と唱えて熱を上げるのにわれわれが腕をこまぬいていることだろうか。---

    関連記事