人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮の平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)市で3月、新型コロナウイルスに感染した疑いがあることから自宅隔離となっていた一家4人が、厳しすぎる規制に耐え切れず脱走する事件が発生した。北朝鮮当局が定めた隔離期間は1カ月だが、その間、食べ物や燃料の供給が十分になされず、「ウイルスで死ぬより先に飢え死にする」という怨嗟の声が方々で上がっている。(丹東=カン・ナレ記者)

脱走したのは、新義州市の楽園洞(ラグォンドン)に住む夫婦に長女(19歳)と長男(16歳)の朴さん一家4人。3月初め、長男が発熱したことから病院で診察を受けたところ、一家全員が自宅隔離を命じられた。

長男の熱は間もなく下がったが、1カ月間は隔離が続く。父親は地元の工場労働者だが、月給は雀の涙ほどにしかならず、母親が市場で豆腐を売って家計を支えていた。

しかし、隔離期間中は商売が出来ない。外出は一家のうち1人に対し、1週間に一度、30分間だけ許可され、その間に食べ物などを確保しなければならない。朴さん一家に蓄えはほとんどなく、現金は母親が豆腐の原材料を買うために持っていたものがすべてだった。それも食べ物を買うために瞬く間に消え、長女の冬服など売れそうなものはすべて売っても、4人の食費を賄えなくなった。

3月25日、隔離状態を確認にきた当局の担当者らは、朴さん宅がもぬけの殻になっているのを発見。捜索に当たったところ、近隣にある母親の実家で4人をみつけた。北朝鮮では、新型コロナウイルス対策の防疫措置を破れば、最悪の場合、処刑される可能性がある。北朝鮮当局はこのような危機を迎えるたび、公開処刑を繰り返し恐怖政治を強化してきた。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

ただ今回のケースでは、「食べ物がないのに、どのようにして耐えろというのか!」とする父親らの抗議が凄まじく、当局側も正論に押されてしまったようだ。一家は改めて隔離された上で地元の人民班(町内会)からトウモロコシ6キロと練炭8個の供給を受け、残り数日をどうにかしのぎ、事なきを得たもようだ。

    関連記事