人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次のとおり。

生命力と優越性が発揚される働きながら学ぶ高等教育システム

【平壌4月7日発朝鮮中央通信】朝鮮では、勤労者が働きながら学ぶ高等教育システムに網羅されて思う存分学んでいる。

働きながら学ぶ教育機関の設置と運営に必要な費用は全て国家が負担しており、勤労者は無料で勉強している。

日ごとにその生命力と優越性が高く発揚されている同教育システムは、金日成主席の指導によって立てられた。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

主席は、祖国解放戦争(朝鮮戦争)の時期に民族技術人材育成のための独創的な工場大学創設方針を打ち出し、前線から教師を召還する問題、教育条件を整える問題などに細心に気を配った。

その結果、チュチェ40(1951)年7月15日、働きながら学ぶ新型の大学、初の工場大学が創設された。

主席の崇高な志によって1979年12月に新浦(咸鏡南道)に初の漁場大学が、1981年11月に青山里(南浦市)に初の農場大学が設けられたし、工場大学は1980年代にほぼ100に増えた。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

これまで、工場大学、農場大学、漁場大学では数多くの技術者が育成された。

卒業生と学生が創案した技術革新案、創意考案は数十万件に及び、人民が記憶する時代の英雄、功労者が輩出して工場大学の発展史を飾った。

学業を専門とする高等教育システムとともに、働きながら学ぶ高等教育システムが急速に発展して、解放前に人口の80%が文盲者であった朝鮮には1975年に知識人が100万人に及び、1990年代の初めには労力人口6人当たり技術者、専門家が1人以上になった。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

金日成主席が樹立し、金正日総書記が輝かした働きながら学ぶ高等教育システムはこんにち、最高指導者金正恩党委員長の指導の下で拡大、発展して、全人民科学技術人材化の実現においてさらなる生命力を発揮している。---

    関連記事