北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)会寧(フェリョン)市で3月10日、新型コロナウイルスへの感染が疑われ自宅に強制隔離されていた女性が焼身自殺する事件が発生し、周囲に大きな衝撃を与えている。北朝鮮の自宅隔離は食べ物の調達にも不便を来す「監禁」に近い状態に置かれるとされ、女性が自殺した背景にもそうした問題があると見られている。(丹東=カン・ナレ記者)

(参考記事:北朝鮮、感染者を処刑か…金正恩式「新型コロナ対策」の冷酷無比

50代半ばのこの女性は先月17日、軽い風邪の症状が出たことで会寧市人民病院を訪れたが、新型コロナウイルスへの感染が疑われるとして強制的に自宅に隔離された。北朝鮮当局は感染の疑いのある人々に対し、30日間の隔離を課している。

現地消息筋は、「彼女は4年前の2016年6月、自動車事故で夫を亡くし、2人いる子どもは、いずれも兵役中」だとし、「この間、市場で食べ物を売ってやっと生計を維持してきた」と説明した。また、「感染が疑われて自宅に監禁されるや、食べ物の問題をどうにかして欲しいと毎日、担当の保安員(警察官)に頼んでいたが、保安員は耳を貸そうともしなかった」と強調した。

北朝鮮で自宅隔離された人々は、1週間に1回、30分に限り、食べ物の調達のため外出することが許されている。しかしそれさえも、マスクを着用していなければ許可されない。

消息筋は「食料と薪が尽き、もはや生きていけないと考えた女性は、当局の見回りが始まる前の午前6時にガソリンをかぶって自殺したようだ」と話している。

    関連記事