人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

米国務省は11日、世界の約200カ国・地域を対象にした2019年版の人権報告書を発表し、北朝鮮においては依然として深刻な人権蹂躙が続いていると指摘した。

報告書は北朝鮮における人権侵害として、国家による違法な殺人や強制失踪、拷問、恣意的拘禁、政治犯収容所の劣悪な状態、私生活への干渉、検閲、海外での強制労働など20余りの類型を列挙。

国家による任意で違法な殺人については、政治犯と反体制的な人物、強制送還された亡命申請者らが処刑されているとする脱北者の証言とともに、国境警備隊は脱北を試みる人々を射殺するよう命令を受けているとする内容が盛り込まれた。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

また、北朝鮮で抑留され米国に送還された後、死亡した大学生オットー・ワームビアさんに関し、北朝鮮が彼が死に至った状況について明らかにしていないと批判した。さらに、ヒョン・ジュソン朝鮮人民軍(北朝鮮軍)中将の公開銃殺と金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏殺害の件を、北朝鮮による人権侵害の具体例として挙げた。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

ヒョン・ジュソン中将の銃殺は2018年6月、デイリーNKの報道で明らかになった。デイリーNKの内部情報筋によれば、彼罪状は職権乱用と利敵行為、反党行為というものだった。彼は同年4月10日、戦時物資の総合検閲の際に、西海衛星発射場(ロケット発射試験場)への燃料供給の実態を視察したとき、「もはや苦労してロケットや核兵器を作らなくても済む」と発言した。この発言が、職権乱用と党の先軍路線に反対する利敵行為とみなされたという。

    関連記事