人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は6日、新型コロナウイルスの感染防止のため「隔離されて厳密な医学的観察を受けていた380人余りの外国人のうち221人が隔離解除された」と報じた。

これに先立ち、マツェゴラ駐北朝鮮ロシア大使は4日、自らも隔離されていたものの今月2日に解除されたとフェイスブックで明らかにしていた。隔離解除された221人の大部分は、外交官やその家族と見られる。

一方、ドイツとフランス、スイスは平壌にある大使館などの一時閉鎖する方針とされ、それぞれの外交官らは6日、空路の臨時便でロシア極東のウラジオストクに出国する予定と伝えられていた。ただその後、便がキャンセルされたとされる。

    関連記事