北朝鮮の秘密警察・国家保衛省は先月29日、中国の辺防部隊(国境警備隊)に対して新型コロナウイルスの流入を防ぐ目的で、国境地帯での中国人の行動を制限するよう要請し、違反者には銃器使用も辞さないとする通知文を送った。

これを受け、辺防部隊は国境地帯の住民に対して活動自粛を呼びかける文書を出した。デイリーNKは中国の情報筋を通じて、同文書を単独入手した。情報筋によると、この文書は今月4日に辺防隊が、北朝鮮と国境を接している吉林省の長白朝鮮族自治県の村の掲示板に貼り出したものだ。

尊敬する国境地域の広範な住民へ

最近、北朝鮮はわが国(中国)に対して中国人の国境の川付近での活動状況について知らせてきた。北朝鮮と行き来したり、画像や動画を撮ったり、牛を連れて北朝鮮に接近したり、川にゴミや牛の死体を捨てるなど、国境地域の住民が行ったことに対して強く抗議し、中国政府と軍と警察に対して厳しく対処し、再発を防止することを要求してきた。

われわれの知るところによると、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、北朝鮮政府は特別の措置を取り、なん人も中国人と接触することを禁止、警備部隊に対して「管理者の処理に従わない全ての者に、警告なしで銃撃することもある」と明確にした。近頃の国境地帯の情勢は非常に敏感になりうるので、中国人が国境の川の付近で活動することはさらに危険になりうる。北朝鮮の警備部隊の過敏な反応を引き起こし、中国人に対して銃撃することもありうる。人身の安全を確保するために、国境地帯の広範な住民は以下の数点を守ってほしい。

1.国境の川には近づかないこと、国境の川の付近で活動しないこと
2.国境の川や河原にゴミや動物の死体を捨てないこと
3.北朝鮮の人に向かって叫んだり、画像や動画を撮影しないこと
4.密輸や非法越境などの違法行為をしないこと
5.北朝鮮の人といかなる接触もしないこと
6.河原で家畜を放牧しないこと、家畜が国境を越えても追いかけないこと、辺防隊または辺境派出所に通報すれば解決に協力する
7.上記のような状況が発生すれば、すぐにやめさせて辺防隊または辺境派出所に通報すること
通報番号

辺防部隊

長白県の中心部では、向かいの北朝鮮の恵山(ヘサン)まで川を挟んで約50メートル、上流ではわずか数メートルしか離れていないところもある。放牧した家畜が国境を越えてしまい、それを追いかけて北朝鮮側に入ってしまうこともよくあるようだ。それだけに、辺防部隊の強い危機感がにじみ出た文章と言える。

中国側は北朝鮮側の通知文に対し、「共同の努力が必要だ」と共感を示しつつも、銃器使用については「絶対に反対する」と伝えている。

国境地帯の中国側の住民は、合法・非合法の貿易など北朝鮮との関係で利益を得てきた一方で、多大なる迷惑をもこうむってきた。その代表的なものが、空腹に耐えかねた朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が、国境を越えて中国側に忍び込み、犯罪行為を働くというものだ。

(参考記事:【スクープ撮】人質を盾に抵抗する脱北兵士、逮捕の瞬間!

中国の辺防部隊が国境地域の住民に発した警告文(画像:デイリーNK情報筋)
中国の辺防部隊が国境地域の住民に発した警告文(画像:デイリーNK情報筋)

    関連記事