人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡で6日、全国革命事績活動家の白頭山地区革命戦跡地参観行軍隊の出発の集いが行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮では、金正日総書記の生誕記念日「光明星節(2月16日)」にあわせて、毎年この時期に白頭山地区革命戦跡地への踏査行軍が行われる。

北朝鮮の正史によると、金日成主席率いる抗日パルチザンの本拠地であり、白頭山密営は金正日総書記が生まれた「聖地」とされている。金正日氏は実際は旧ソ連(現、ロシア)で生まれた。革命事績活動家とは、金日成主席や金正日総書記の事業や功績を記録し後生へ伝えていく部門に携わる人々を指す。

    関連記事