北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日付の社説で、「新型コロナウイルス感染症を防ぐための活動を強力に展開しよう」と呼びかけた。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮メディアは連日、同様の呼びかけを行っている。

(参考記事:「わが国に入ってきたら終わり」北朝鮮国民、新型肺炎に震撼

社説は「世界的に急速に伝播している新型コロナウイルス感染症を防ぐための防疫活動を強力に展開して、人民の生命と国家の安全を徹底的に守らなければならない」と指摘。

また、「世界を不安と恐怖の中に陥れている新型コロナウイルスが朝鮮には絶対に入ってこないようにし、たった一人の被害者もいないようにする時、人民の生命安全が最優先視されるわが国家制度の優越性と威力が再度世界にはっきり誇示される」と主張した。

    関連記事