人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国の主要メディアが23日までに、北朝鮮の拠点襲撃を想定した米韓両国の特殊部隊による合同訓練が行われたと報じたことに対し、米国防総省は「報道は間違っているだけでなく、無責任で極めて危険だ」と否定した。米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が24日に伝えた。

一方、韓国国防省の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官も同日、「(この訓練は)対テロ訓練と要人の救出訓練」だと説明した。

米国防総省は16日、公式ウェブサイトで、韓国国内で今月8-11日に行われた訓練の写真12枚と動画を公開した。その内容から、韓国の主要メディアは「朝鮮人民軍首脳部を除去するいわゆる『斬首作戦』の訓練」などと報じた。

(参考記事:【動画】米軍が訓練公開…北朝鮮狙う「斬首作戦」

動画は公式ウェブサイトからは削除されているが、動画共有サイトのYouTubeで見ることができる。

    関連記事