人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は9日、トランプ米大統領が金正恩委員長をけん制する発言を行ったことに対し、「非理性的だ」と非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ氏は8日、北朝鮮が西海衛星発射場で「重大な実験」を実施したとの発表を受け、ツイッターに「金正恩は賢明過ぎて、失うものが多過ぎる。敵対的な行動に出るなら、本当に全てを失うことになる」と投稿するなどした。

これに対し、アジア太平洋平和委員会の委員長名義で発表された談話は、トランプ氏がこうした発言を続ければ、「トランプに対するわが国務委員長(金正恩氏)の認識も変わると思う」と指摘。

さらに、「トランプは、朝鮮についてあまりにも知らないことが多い。われわれは、これ以上失うものがない」としながら、「トランプが、われわれがいかなる行動をすれば自分は驚くと言ったが、もちろん驚くであろう。驚かせるために行うことなので、驚かないならわれわれは非常にもどかしいだろう」と挑発した。

北朝鮮は、米朝対話の期限を年末までとする一方、朝鮮労働党は今月下旬に開く党中央委員会第7期第5回総会で、「対内外的情勢の要求に即して重大な問題を討議、決定する」としており、これまで中止していた核実験や大陸間弾道ミサイル発射の再開に踏み切る可能性が指摘されている。

    関連記事