同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長の参加の下、仲坪野菜温室農場と育苗場の操業式

 

【平壌12月4日発朝鮮中央通信】咸鏡北道鏡城郡の仲坪地区に大規模な野菜温室農場と近代的な育苗場が建設されて操業した。

仲坪野菜温室農場の操業式に参加した金正恩氏(2019年12月4日付朝鮮中央通信より)
仲坪野菜温室農場の操業式に参加した金正恩氏(2019年12月4日付朝鮮中央通信より)

操業式が3日、盛大に行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官である朝鮮労働党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、操業式に参加した。

仲坪野菜温室農場と育苗場は、社会主義文明の高さをはっきり見せられるように建築の実用化、造形芸術化が実現し、全ての生産工程がわれわれの技術、われわれの設備で装備されたし、科学化、文化的水準においても時代の前列に堂々と上がった。

人民軍軍人は、決死貫徹の果敢な突撃戦で200ヘクタールの広い敷地に320棟の温室と育苗場、数百世帯の住宅をわずか1年余りの期間に完工する奇跡を生み出した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会第1副委員長である最高人民会議常任委員会の崔龍海委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の朴奉珠副委員長が、操業式に参加した。

朝鮮労働党中央委員会の朴太徳副委員長、咸鏡北道党委員会の李煕用委員長、咸鏡北道農業経営委員会のシン・チョルウン委員長、党中央委員会の活動家、仲坪野菜温室農場と育苗場の活動家、従業員、鏡城郡をはじめ咸鏡北道内の活動家と勤労者が、これに参加した。

朝鮮人民軍の朴正天総参謀長(陸軍大将)と人民軍指揮メンバー、軍人建設者が、参加した。

歓迎曲が響く中、金正恩党委員長が操業式場に姿を現した。

朴奉珠党副委員長が、操業の辞を述べた。

朴奉珠副委員長は、驚異的な出来事で記された歴史的な今年を輝かしく飾り、北方の地に大規模な野菜温室農場と近代的な育苗場が建設されて、わが人民に自力に対する確信と必勝の信念をもり立てたことについて強調した。

金正恩委員長が、操業のテープを切った。

金正恩委員長は、党と政府の幹部、人民軍指揮メンバーと共に仲坪野菜温室農場を見て回った。

金正恩委員長は、野菜の栽培で量的指標も重要であるが、基本は栄養学的指標と味がもっと重要であると述べ、農場で今後、先進科学技術を積極的に取り入れて最適化、最良化を実現すべきであると語った。

金正恩委員長は、われわれは闘争目標と理想を高く立てなければならないと述べ、各道で野菜温室農場を建設して互いに競争し、科学的栽培状況の判定を慣例化することをはじめ、温室栽培で革命を起こすための課題と方途を明らかにした。

金正恩委員長は、地理的に遠くて近い所はあっても、自身の心の中には遠くて近い人民は別にいない、野菜温室農場が咸鏡北道人民の食生活に役立つなら、それ以上望むことがないと胸熱く述べた。

金正恩委員長は、仲坪野菜温室農場のような壮大な温室の海を広げて人民の軍隊としての威力を全世界に誇示した軍人建設者に朝鮮労働党中央軍事委員会の名で感謝を与えた。---

    関連記事