北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、「科学技術重視の観点と仕事ぶりを国風に確立しよう」とする社説を掲載した。朝鮮中央通信が報じた。

社説は、「科学技術重視は朝鮮労働党が富強な祖国の建設の初期から一貫して堅持してきた戦略的路線である」と述べた。

そのうえで、「朝鮮労働党の意図を貫徹して、一日も早く国の科学技術を世界的水準に押し上げ、社会主義強国の建設に新たな転換をもたらそう」と強調した。

    関連記事