同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮民主法律家協会代弁人、在日朝鮮幼児に対する日本当局の差別蛮行を糾弾

【平壌10月23日発朝鮮中央通信】朝鮮民主法律家協会のスポークスマンは23日に発表した談話で、10月1日から施行した「幼児教育、保育無償化」制度適用の対象から朝鮮学校の幼稚班をついに排除する暴挙を強行した日本当局を糾弾した。

談話は、安倍当局は日本語ではなく朝鮮語を教えるというたった一つの理由で朝鮮学校の幼稚班を「幼児教育、保育無償化」制度適用の対象から除外させる天人共に激怒する反人倫的犯罪を働いたと暴いた。

また、日本反動層の残虐な妄動は朝鮮と総聯(朝鮮総聯)に対する敵視政策の延長として、在日朝鮮人に対する悪意に満ちた偏見と差別意識がどの域にまで至ったのかをそのまま示しているとし、次のように強調した。

朝鮮民主法律家協会は、在日朝鮮幼児の学びの権利と大事な夢をむやみに踏みにじった日本当局の極悪非道な差別行為を朝鮮と総聯に対する重大な挑発、国際法に対する公然たる挑戦とらく印を押し、それを強く糾弾する。

もし、日本当局が大勢の流れを直視できず、在日朝鮮人子女に対する差別と迫害に執着し続けるなら、朝鮮人民の復しゅうの洗礼、歴史が下す峻厳(しゅんげん)な裁きを免れないであろう。

日本当局は、総聯と在日同胞の民族的権利と尊厳を無残に踏みにじり、天真爛漫(てんしんらんまん)な童心にメスを入れた野蛮的かつ不法非道な国家的犯罪行為について深刻に反省し、無条件に即刻是正しなければならない。---

    関連記事