「革命の道具」として使われる北朝鮮の女性たち

かつては女性政策が進んでいると言われていた北朝鮮。現在の北朝鮮政府の前身にあたる北朝鮮臨時人民委員会は、1946年7月に女性の選挙権、被選挙権の保障、強制結婚の反対、離婚の自由、養育費訴訟権の認定、一夫多妻制の否定などを謳った「朝鮮男女平等権法についての法令」を発表した。またその後、女性をジェンダーロールから解放するための様々な施策を行った。養育や家事の社会化がその一つだ。

それから70数年。女性の地位は向上した部分もある一方で、依然として改善されていない部分もある。そんな現状が、北朝鮮の思想教育にも反映されている。

(参考記事:「私たちは性的なおもちゃ」被害女性たちの血のにじむ証言を読む

デイリーNKは、平安南道(ピョンアンナムド)の内部情報筋を通じて、朝鮮社会主義女性連盟(女盟)がメンバーを対象にして行った講演会の提綱(レジュメ)(画像)を入手した。題名は「女盟員たちが社会公衆道徳を自覚的に守ることについて」だ。

    関連記事