タイ・パタヤで開催されている2019IWF(国際ウエイトリフティング連盟)世界選手権で、北朝鮮のチェ・ヒョシム選手が21日、女子59㎏級のスナッチで金メダルを獲得した。朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、チェ選手はスナッチで100㎏に成功し、さらに104㎏、107㎏を連続で持ち上げて世界新記録を打ち立てた。今大会では男子56㎏級でオム・ユンチョル選手が金メダル、オ・ガンチョル選手が男子73㎏のジャークとトータルでそれぞれ銀メダルを獲得している。

    関連記事