同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮のオム・ユンチョルが3の金メダル獲得、またもや世界記録更新

【平壌9月19日発朝鮮中央通信】世界的な重量挙げ強豪である朝鮮のオム・ユンチョルが2019年国際重量挙げ連盟(IWF)世界重量挙げ選手権大会で3の金メダルを獲得し、選手権を保持した。

タイで18日から始まった今大会には朝鮮とベトナム、インドネシア、ドイツをはじめ、100余りの国・地域の優れた男女選手600人余りが参加して勝負を争っている。

18日、男子55キロ級ジャークに出場したオム・ユンチョルは、連結動作を完ぺきに遂行して166キロを持ち上げてまたもや世界記録を更新し、1位をした。

スナッチでも128キロを持ち上げて1位を獲得したオム・ユンチョルは総合294キロで世界記録を突破した。ーーー

    関連記事