同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 自衛的国防力があって朝鮮の勝利は確定的

【平壌8月31日発朝鮮中央通信】31日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、社会主義朝鮮の強大無比の軍事的威力を誇示するチュチェ兵器の連続的な開発、完成のニュースは朝鮮人民に強大国の公民になった自負、必勝の信念と楽観を百倍、千倍にもり立てていると指摘した。

同紙は、前代未聞の試練と難関を屈することなく切り抜けて平和守護の強力な霊剣を備えたのは朝鮮労働党と人民が建国以来、収めた最大の勝利であり、子孫がこの世で最も尊厳あって幸せな生活を享受することのできる確固たる保証をもたらした千年、万年とわに輝く大きな出来事であるとし、次のように強調した。

こんにち、自衛的国防力の強化で次々と収められている成果は人民の心の中にわが祖国は誰も手出しできない鉄壁の城塞だという確信をより深く刻み付けさせている。

われわれが過酷な試練と難関を乗り越えて強力かつ威力ある国防力、戦争抑止力を備えたのは他国を脅かすためではなく、帝国主義者の侵略と戦争を防ぎ、軍事的脅威を完全に終息させて朝鮮半島の平和と安定を守り、経済強国の建設に有利な環境を整えるためである。

こんにち、国防分野で次々と収められている快勝は全的に、最高指導者金正恩党委員長の賢明な指導がもたらした貴い結実である。---

    関連記事