北朝鮮の軍事代表団団長として中国を訪問したの朝鮮人民軍の金秀吉(キム・スギル)総政治局長(陸軍大将)と中国中央軍事委員会政治事業部の苗華主任との会談が16日午後、北京の8・1庁舎で行われた。朝鮮中央通信が18日付で伝えた。

会談で金秀吉氏は、「朝中の最高指導者同志の崇高な意図に合わせて両国軍隊の友好・協力関係をより高い段階へと拡大し、発展させていく意志を表明した」という。

また苗華氏は、「70年間、試練と難関の中でいっそう強固になった中朝親善関係はこんにち、両国の最高指導者の相次ぐ対面によって新たな高さで発展している」としながら、「朝鮮の同志たちと共に両国の最高指導者の共通認識を貫徹し、双務関係を強化し、発展させていくと強調した」という。

    関連記事