人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同紙は、米国と南朝鮮当局が軍事演習を正当化してみようとさまざまなトリックを弄しているが、合同軍事演習の侵略的性格を絶対に覆い隠せないとし、次のように強調した。

米国と南朝鮮当局のこのような破廉恥な妄動はわれわれを甚だしく刺激しており、わが共和国をして国の自主権と尊厳を守るための強硬措置を講じるように進ませている。

国の自主権と尊厳を守る道ではたった一寸の譲歩や妥協も許さないのは、朝鮮労働党と共和国政府が朝鮮革命の全歴史的行程で終始一貫堅持してきた原則的な立場であり、闘争方式である。

朝鮮半島の平和と安定を重んじ、対話で問題を解決しようとするわれわれの立場には変わりがないが、。

米国と南朝鮮当局は相手が誰かをはっきり見て、軽挙妄動してはならない。---

    関連記事