また、ところが、西側勢力は差し出がましく中国の内部問題に干渉してああしろ、こうしろと訓示し、不純分子らの乱暴をあおり立てているとし、次のように指摘した。

中国の党と政府は、香港問題は徹底的に中国の内政に属する問題としていかなる国や機構、個人も干渉する権利がなく、徹頭徹尾、中国人民の念願に即して解決されなければならないという原則を掲げ、現事態を袖手傍観しないという確固たる立場を表した。

中国は、基本法の規定に従って各種の動乱を迅速に平定することのできる十分なさまざまな方法と強大な力量を持っている。

われわれは、「一国二制度」路線を揺るぎなく堅持し、国の領土保全と政治的安定、社会主義を断固と守ろうとする中国の党と政府の全ての措置を全面的に支持する。---

    関連記事