人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

この協定の締結によって、日本の反動層は「相互主義原則」の美名の下に南朝鮮から多様な軍事秘密情報、特により幅広い「対北軍事情報」をくまなく入手できるようになった。

「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するための海外侵略の最初の標的として朝鮮半島を定め、再侵略の機会だけを虎視眈々と狙っている日本の反動層に「対北軍事情報」がどんな目的に使われるかは推察しがたくない。

近年、日本が「北朝鮮脅威」うんぬんを絶えず並べ立てて憲法改悪と武力増強、海外膨張策動に狂奔しているのは、いずれも協定の稼動と切り離して考えられない。

日本が、一方では強制徴用犯罪に対する賠償判決に関連して南朝鮮に報復措置を講じ、他方ではいわゆる「安保協力」をうんぬんして協定の延長を主張しているのも、南朝鮮・日本関係の悪化とは関係なく自分らの政治的・軍事的利益をむさぼろうとする腹黒い下心の発露である。

    関連記事