北朝鮮国営の朝鮮中央通信は28日、米韓が8月に予定している軍事演習の中止を求め、実施されれば「北南関係改善の貴重な機会を失う」とする論評を配信した。

(参考記事:「レーダー照射」問題どころじゃない…韓国軍「深刻な穴」がまた露呈

米韓は毎年夏に実施していた合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」に代わり、8月に合同危機管理演習「19―2同盟」の実施を予定している。

これに対して論評は「朝鮮半島の有事の際、いわゆる『抑制と撃退』に必要な米増援軍の規模を判断して要請する手順などを熟練するためのもので、われわれに対する先制攻撃と攻撃能力を熟達し、任意の時刻に北侵の導火線に火をつけるための事実上の戦争演習である」と主張。

続けて「米国にへつらって無謀な軍事的挑発に執着し続けるなら、北南関係改善の貴重な機会を失うようになるということを銘記」すべきとして、韓国をけん制した。

    関連記事