人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

25日、米国のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、北朝鮮住民の間に中東民主化革命の情報が広がったことから、当局が固定電話と携帯電話を遮断して監視を強化したと報じた。

RFAは両江道恵山市の大学生の話を引用して「アフリカと中東で連鎖的な住民暴動が起き、政権が倒れているという情報は広まっている」と伝える。

咸鏡北道会寧市の消息筋も「(当局が)携帯電話を遮断したことはもちろんのこと、幹部を除いた一般住民の固定電話も当分の間は遮断するという方針だ」とRFAに話した。

特に当局は大学街に対する監視を大幅に強化したという。恵山市大学生は「各大学に1人ずつだった保衛指導員を4人ずつに増やした。さらに大学担当の保安員を新しく配置して大学生を逐一監視している」とRFAに伝えた。

放送によると「大学が自治管理していた寄宿舎の点検まで保衛院・保安員が直接大学生を調べ回っている。だが、このような監視作業が大学生の疑問を刺激し、かえって中東民主化デモの便りを広めた」と話した。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

RFAによると、中東民主化革命の情報発信源はリビアの出稼ぎ労働者だという。彼らの多くは労働党外交部や関連幹部の親戚にもかかわらず、情報を知らせているという。民主化の情報は携帯電話と固定電話にまで広がっているとのことだ。北朝鮮当局はこのような状況に対して固定電話と携帯電話を遮断したという。

    関連記事