習近平国家主席の初の訪朝を受け、20日付の北朝鮮各紙は熱烈に歓迎する記事を並べた。

朝鮮中央通信によれば、朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、「習近平主席が複雑な国際関係により緊要で重大な課題が提起される中でも朝鮮を訪問するのは中国の党と政府が朝中親善を高度に重視していることをはっきり示しており、朝中両国人民間の血縁的きずなをいっそう強固にすることになる」と述べ、「今回の訪朝は、偉大な朝鮮労働党の指導に従って進むわが人民の正義の偉業に対する支持と連帯の表し、大きな鼓舞となる」とした。

また内閣などの総合機関紙である民主朝鮮は、「習近平主席の訪朝は朝中親善・協力関係をよりいっそう発展させるうえで意義深い契機になるであろう」と強調した

    関連記事