北朝鮮外務省は4日、昨年6月にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談から1年を迎えるのを前に報道官(スポークスマン)談話を発表し、あくまで非核化の先行を求める米国を非難しながら「忍耐にも限界がある」とけん制した。朝鮮中央通信が伝えた。

談話は「朝鮮民主主義人民共和国政府はこの1年間、6・12朝米共同声明で宣明された新しい朝米関係を樹立して朝鮮半島での恒久的かつ強固な平和体制を構築し、朝鮮半島の非核化を実現するために絶え間ない努力を傾注してきたし、戦略的決断を求める実践的措置を主動的に取った」と主張。

これに対し米国は「共同声明の履行に意図的に顔を背け、われわれの一方的な核放棄だけに固執してわれわれを力で圧殺しようとする企図をより露骨にさらけ出した」と非難した。

談話はさらに「米国が自国の義務を捨て、あくまで対朝鮮敵視政策に執着し続けるなら、6・12朝米共同声明の運命は約束されない」と強調。「米国は現在の計算法を変えて、一日も早くわれわれの要求に肯定的に応える方がよかろう」としながら、「われわれの忍耐心にも、限界がある」とした。

    関連記事