【ソウル共同】シャナハン米国防長官代行と韓国の鄭景斗国防相は3日、ソウルで会談し、北朝鮮が5月に短距離弾道ミサイルなどを発射したことに「憂慮」を表明した。韓国国防省が発表した。ただ、強い非難の言葉は使っておらず、膠着する非核化を巡る米朝協議の再開を優先させ、北朝鮮への刺激を避けた形となった。シャナハン氏は同日、文在寅大統領とも会談した。

また韓国国防省の発表では、北朝鮮が発射したミサイルについて「短距離ミサイル」とのみ記述。韓国政府はいまだに弾道ミサイルだったと断定しておらず、北朝鮮に配慮した可能性がある。

…続きを読む

    関連記事