【ソウル共同】米国のシャナハン国防長官代行は3日、ソウルで鄭景斗国防相と会談し、米韓の「安定に挑戦しようとする北朝鮮の全ての行動を監視していく」と述べた。北朝鮮が国際社会の要求に応じるまで「制裁を続けていく」とも言及。5月に短距離弾道ミサイルなどを相次いで発射した北朝鮮をけん制する狙いとみられる。聯合ニュースが報じた。

シャナハン氏は同日午後には文在寅大統領とも会談。北朝鮮の完全な非核化に向けて協力していくことを改めて確認する見通し。

聯合によると、鄭氏は米韓国防当局が「外交努力を後押ししていくことで一致している」と述べた。

…続きを読む

    関連記事