【シンガポール共同】岩屋毅防衛相は2日、訪問先のシンガポールで、米国のシャナハン国防長官代行や韓国の鄭景斗国防相と会談した。北朝鮮の非核化実現に向けた連携を確認。北朝鮮に対し、米国との非核化交渉へ復帰を求めていく方針で一致するとみられる。

3氏は、国連安全保障理事会の制裁決議の履行が重要だとの認識を共有。海上で積み荷を移し替える「瀬取り」など北朝鮮の制裁逃れを巡り、監視を強化する必要性についても議論する方向だ。

岩屋氏は会談の冒頭で「北朝鮮の核、ミサイル廃棄は進んでいない」と指摘。5月のミサイル発射について「国連安全保障理事会決議に違反する」と述べた。

…続きを読む

    関連記事