米国の今回の行為は、「最大の圧迫」でわれわれを屈服させてみようとするアメリカ式計算法の延長であり、新しい朝米関係の樹立を公約した6・12朝米共同声明の基本精神を全面否定することになる。

米国は、自分らの白昼強盗さながらの行為が今後の情勢発展にどんな悪結果を招くかについて熟考し、遅滞することなくわが船舶を送還すべきであろう。

米国が意のままに世界を動かしていた時代はすでに過ぎ去ったし、アメリカ式「力」の論理が通じる国々の中にわれわれが属すると考えたなら、それより大きな誤算はないであろう。

われわれは、米国の今後の動きを鋭く注視するであろう。---

    関連記事