【ソウル共同】韓国大統領府は7日深夜(日本時間同)、文在寅大統領とトランプ米大統領が同日夜電話会談し、4日に飛翔体を発射した北朝鮮との対話路線を維持しつつ、非核化協議を早期に再開するための方法を話し合ったと発表した。

米ホワイトハウスも7日、米韓首脳が「北朝鮮の最終的で完全に検証された非核化をどのように実現するかを協議した」と発表した。

韓国大統領府によると、会談では北朝鮮の食料不足についても意見が交わされ、トランプ氏は「韓国が人道的なレベルで北朝鮮に食料を提供することは、時宜にかない、肯定的な措置だ」と述べ、韓国が食料支援を行うことに理解を示した。

…続きを読む

    関連記事