【ワシントン共同】複数の米メディアは25日、北朝鮮に拘束された米国人大学生オットー・ワームビア氏が2017年の解放直後に死亡した問題で、北朝鮮が米側に治療費として200万ドル(約2億2千万円)を要求していたと報じた。米側は請求書類に署名したが、CNNテレビによると支払いはしていないという。

(参考記事:北朝鮮が拷問か…死亡の米大学生の歯列変形。米メディアが写真公開

観光ツアーに参加したワームビア氏は16年1月、平壌の空港で拘束された。17年6月に昏睡状態で解放され、帰国直後に死亡した。遺族は拷問があったと主張したが、北朝鮮側は否定。死因の調査をした米オハイオ州の検視官は「結論を導くだけの十分な証拠がない」と説明した。

…続きを読む

    関連記事