お互いの心を伝えるために、プレゼントをやりとりするのは世界共通の愛情の表現方式だ。もちろん北朝鮮もそうだ。

いくら飢えとありとあらゆる社会的統制があっても男女間の愛情表現を阻むことはできない。若い男女が学校や企業所(職場)などで好きな人ができれば、愛情を心を込めたプレゼントで求愛する。

北朝鮮の男性が好意を持つ女性に贈るプレゼントの定番は、化粧品、服、下着、スカーフ、履き物、ヘアピンなど。恋愛関係にあれば、指輪やネックレスを贈るが、物自体が北朝鮮ではめったにみられない。

食糧難時代のプレゼントは?

脱出者と北朝鮮内部消息筋によれば、80年代までは主に服やスカーフ、下着、ヘアピンなどが一般的なプレゼントだった。愛する人が見栄えするような装飾品が贈り物の主流だったが、1990年代以後はその傾向も変わっていく。