同通信の報道全文は次のとおり。

中国人民解放軍文芸代表団が公演

【平壌4月20日発朝鮮中央通信】訪朝中の中国人民解放軍文芸代表団の公演が19、20の両日、平壌大劇場で行われた。

リ・ドゥソン、金烔龍をはじめ朝鮮人民軍の将官、軍官、関係部門の活動家、芸術団体、芸術教育機関の創作家、芸能人が公演を鑑賞した。

李進軍駐朝中国大使、大使館員、朝鮮に滞在中の中国客、駐朝武官団員が公演を観た。

中国人民解放軍軍楽団の才能ある指揮者、演奏家で構成された文芸代表団は、朝中外交関係の設定70周年になる意義深い今年に、両国の親善関係を新たな高い段階へ強化し、発展させていこうとする中国の軍隊と人民の志向と意志を軍楽で披露した。

朝鮮の愛国歌と中国の国歌の奏楽から始まった公演の舞台には、吹奏楽「中国人民解放軍歌」「朝鮮人民軍歌」をはじめ両国の名作と世界名曲が上がった。

吹奏楽の荘重なメロディーに込めた革命頌歌である「金日成将軍の歌」「金正日将軍の歌」と「あなたなしには生きられない」は、観客の心の琴線に触れた。

朝鮮人民軍軍楽団と中国人民解放軍軍楽団が合同演奏する吹奏楽「共に同じ歌を歌おう」「祖国賛歌」「社会主義が良い」で公演は絶頂に達した。

出演者に花籠が伝えられ、観客が花束を与えて公演の成果を祝った。---

    関連記事