同通信の報道全文は次のとおり。

政治小人のお粗末な行為 朝鮮中央通信社論評

【平壌4月18日発朝鮮中央通信】政治小人である日本が、大勢に逆らいながら日を追って馬鹿のように振る舞っている。

昨年、われわれのいわゆる海上での瀬取りの可能性について喉がかれるほどけん伝してきた日本が、今年も「海上取り引き疑惑」に卑劣に執着しながら世界の非難を自ら請っている

日本の外相は先日、フランスで行われたG7外相会議でまたもや対朝鮮「制裁決議」の徹底した履行と船舶間瀬取りを通じた北朝鮮の原油購入試みの遮断のために緊密に協力することを諸国に哀願した。

一方、内閣官房長官は5月に予定されている国連会議で誰それによる「日本人拉致問題」の解決のための国際的支持を誘導すると言い立てている。

今、国際的な対朝鮮圧迫共助システムを維持、強化するために無分別に奔走する日本の振る舞いは、朝鮮半島情勢の流れから完全に押し出された連中のお粗末な行為として、国際社会の嘲笑(ちょうしょう)だけを買っている。

世界が注目するように、歴史的な最高人民会議第14期第1回会議では朝鮮革命の特殊な環境とこんにちの複雑な世界情勢の中で朝鮮が自主権と尊厳をしっかり守り、真の繁栄を成し遂げるために確固たる自主的立場に立って自力を強化し、自力で社会主義を建設していくという変わらない国家建設の根本原則が再度確認された。

敵対勢力の制裁の突風を自立、自力の熱風で一掃しながら、社会主義強国の建設を力強く推し進めているわが国家をそんなたわいない行為であえて驚かすことができると思うこと自体が極めて愚かである。

今、広範な国際社会は敵対勢力の制裁・圧迫の中でも自主の旗印を高く掲げて国の安全と人民の幸福を頼もしく保証し、朝鮮半島と地域の情勢を緊張緩和と平和、発展へと力強く促すわが朝鮮に固い支持と連帯を送っている。

ところが、大勢を見きわめられない狭量な日本の反動層だけは意地悪くも古びた対決策動に執着し続けて、なんとしても形勢をひっくり返そうとやっきになっている。

日本政府は、「国際的共助による既存の対朝鮮圧迫政策を変わることなく推進」することを政策化し、対朝鮮制裁策動を日々強化している。

問題は、これによって日本が得るものが何かというところにある。

こんにち、安倍一味が対朝鮮敵視的妄動によって得たものは自ら招いた国際政治舞台での孤立という結果しかない。

その原因は、日本が世界の志向に背ちして今まで朝鮮半島の情勢悪化を自分らの軍事大国化策動を合理化する口実に利用してきたからである。

20世紀に人類に反対する侵略戦争を起こして特大型の反人倫犯罪を働いた戦犯国である日本は、朝鮮半島の情勢悪化を口実にして国際社会の面前で公然と軍事大国化に拍車をかけてきた。

日本の反動層が執ように起こしている海上監視騒動も、朝鮮半島の情勢をなんとしても悪化へと誘導して軍国化策動の名分を立て、国際社会から疎外された自分らの境遇を免れようとすることである。

愚鈍で愚かな日本が引き続き無分別に振る舞うなら、願うことが何であれ、永遠に国際的独りぼっちの境遇を免れないであろう。---

    関連記事