尊敬する総書記同志は、わたしが朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長として引き続き活動するようになったことに関連して真っ先に真心こもった温かい祝賀の挨拶を送った。

これは、私に対する総書記同志のまたとない信頼と友情の表しになると同時に、わが党と政府と人民の社会主義偉業に対する確固不動の支持と鼓舞になる。

私は、これについて心からありがたく思うとともに、総書記同志に心からの謝意を表する。

総書記同志が言及した通り、われわれは1年余りの間に4回もなる対面と会談を通じて朝中関係の新たなページを共同で開いたし、一家族のように互いに助けて大事にする朝中関係の特殊性と生命力を内外にはっきり誇示した。

この過程に、私と総書記同志は互いに信頼を取り交わし、頼る最も真実な同志的関係を結ぶようになったし、これは新時代の朝中関係の柱をしっかり支える礎石に、朝中親善の成長、強化を促す力強い原動力になった。

今年は、わが両国にとって外交関係設定70周年と中華人民共和国創建70周年を迎える意義深い年である。

朝中両国の社会主義偉業と朝鮮半島情勢の流れがきわめてかなめの時期に入ったこんにち、朝中親善・協力関係をより大事にし、絶え間なく前進させていくのはわれわれに提示された重大な使命である。

私は、総書記同志と結んだ同志的信義を変わることなく守り、両党、両国の親善・協力関係を必ず新たな高い段階へ昇華、発展させるために努力の限りを尽くす。

私は、総書記同志を中核とする中国共産党の賢明な指導の下で、兄弟の中国人民が中華繁栄の新時代、富国裕民の新時代を早めるための大長征でさらなる成果を収めると信じる。

習近平総書記同志が健康で幸せであることを心から願う。

温かい同志的挨拶を送る。---

金正恩国務委員長がベトナム国家主席に答電

【平壌4月19日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である敬愛する最高指導者金正恩同志が17日、ベトナム共産党中央委員会書記長であるグエン・フー・チョン国家主席に答電を送った。

答電は、次の通り。

    関連記事