韓国の脱北者団体が、北朝鮮に向けて50万枚のビラを散布した。しかし、今までと違ってほとんど社会の耳目を引きつけることはなかった。

韓国の脱北者団体、自由北韓運動連合はウェブサイトで、今月14日午前2時、京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)の民間人統制線(民間人が許可なく入れる限界線)のそばで、ビラ50万枚、1米ドル紙幣3000枚、小冊子1000冊を入れた大型の風船を北朝鮮に向けて飛ばしたと明らかにした。

朴相学(パク・サンハク)代表は、今回の散布の目的について、スペイン駐在北朝鮮大使館に対する脱北者による膺懲(懲らしめる行為)と、核やミサイルで民族と国際社会を脅かす金正恩政権の犯罪行為を知らせるためと理由を明らかにしている。

また、「残忍な者に寛大な者は、同情されるべき者に残忍だ」「文在寅と金正恩の(間で交わされた)板門店宣言の虚構と偽善だ、現政権は独裁者の主席報道官に成り下がった」と文在寅政権を批判し、「違法な弾圧と公権力で事実と真実を込めた北朝鮮向けビラを止めることはできない」と、今後もビラ散布を続ける方針を示した。

同団体は「この時間の風向きは北東で、風が強く吹いており、ビラが北の方に飛んでいくのに無理はなかった」と強調している。

この説明は、野党・正しい未来党の議員で北朝鮮人権運動を行ってきた河泰慶(ハ・テギョン)氏が昨年5月、同団体が散布したビラは北朝鮮に飛ばす韓国に落ちているとして、「詐欺」だと厳しく批判したことなどを意識したものと思われる。

同団体は河議員以外からも、派手な活動をすることでメディアと世論の耳目を引きつけ、募金を集めているとの批判を受けている。

(参考記事:脱北者団体が反対を押し切りビラを北朝鮮に飛ばす「切実な理由」

同団体は、ソウルから比較的近い地域に多くの取材陣を集めた上でビラを飛ばすことで知られていた。ところが今回は、極右系ニュースサイトのニューデイリーなどごく一部のメディアに取り上げられるに留まるなど、寂しいものとなった。

朴代表は「北朝鮮をいたずらに刺激して攻撃を招く」として韓国当局や地元住民と衝突を繰り返してきた。2014年10月には、怒った市民に取り囲まれ、ビラを散布できないままに引き上げている。

    関連記事