【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで韓国の文在寅大統領と会談し「(北朝鮮の)金正恩朝鮮労働党委員長との対話の窓は常に開いている」と強調、3回目の首脳会談に意欲を示した。文氏は近く南北首脳会談を開きたい意向を表明した。両大統領は朝鮮半島の平和構築には「今後もトップダウン方式が不可欠だ」との認識で一致した。

2月末の米朝首脳会談が決裂し、非核化議論が停滞する中、文氏は対話の促進を図って北朝鮮側への働き掛けを強める構えで、米朝交渉の再開に向けた動きが強まりそうだ。

トランプ氏は会談冒頭、金氏との再会談は「あり得る」と明言した。

…続きを読む

    関連記事