同通信の報道全文は次のとおり。

朝中親善協会代表団が中国人民政治協商会議全国委副主席に会う

【平壌4月11日発朝鮮中央通信】朝中親善協会委員長である対外文化連絡委員会の朴京日副委員長を団長とする朝中親善協会代表団が10日、北京で中国人民政治協商会議全国委員会の楊伝堂副主席に会った。

朴京日委員長は、朝中両国の最高指導者の4回にわたる対面によって朝中関係が前例なく昇華し、発展していると述べた。

また、朝中外交関係設定70周年にあたる今年に、両国の親善関係の全面的復興のために共同で努めていくという意志を表明した。

楊伝堂副主席は、中朝両国は長い親善の伝統を有していると述べ、国際および地域情勢がどう変わろうとも、中朝関係を強化し、発展させるという中国の党と政府の確固たる立場は変わらないと語った。

そして、朝鮮人民が金正恩委員長同志の指導の下で朝鮮労働党の新しい戦略的路線貫徹においてさらなる成果を収めることを願うと強調した。

これには、中国駐在朝鮮臨時代理大使と中国人民対外友好協会の副会長をはじめとする関係者が参加した。---

    関連記事