朝中親善協会委員長の朴京日(パク・キョンイル=対外文化連絡委員会副委員長)を団長とする同協会代表団が10日、北京で中国人民政治協商会議全国委員会の楊伝堂副主席と歓談した。朝鮮中央通信が11日付で伝えた。

朴京日氏は席上、「朝中外交関係設定70周年にあたる今年、両国の親善関係の全面的復興のために共同で努めていく」と表明。

楊伝堂氏は、「国際および地域情勢がどう変わろうとも、中朝関係を強化し、発展させるという中国の党と政府の確固たる立場は変わらない」と語ったという。

    関連記事