【平壌共同】北朝鮮・平壌で故金日成主席の誕生日(15日)を記念する「太陽節料理祭典」が2日から始まった。4日まで。政府機関や平壌の有名店、地方の飲食店など90以上の組織が参加し、さまざまな料理が出品された。

3日には、平壌や東部元山の大学からも大勢の学生が料理コンテストに挑戦。審査員を務めた朝鮮料理協会中央委員会の金永日氏(67)は「どうしたら店だけでなく家庭でもおいしく作れるのか、技術を学ぶ重要な機会だ」と語った。

    関連記事