【ソウル、ワシントン共同】韓国大統領府は29日、文在寅大統領が4月10日に訪米し、ワシントンで現地時間の翌11日にトランプ米大統領と会談すると発表した。ホワイトハウスも会談開催を確認した。両国で温度差がある北朝鮮問題と米韓関係が議題になる。

文氏は、2月末にベトナム・ハノイで開かれた米朝首脳会談の決裂で膠着状態に陥った北朝鮮の非核化交渉を前進させるため、米朝間の「仲介」の努力を強める考えだ。

一方、北朝鮮との協力事業の再開を軸にした南北交流の拡大を見据えて柔軟な態度を取る文氏に対し、トランプ氏は非核化実現まで制裁圧力を維持する米側の考えを伝達する構えだ。

…続きを読む

    関連記事